プロフィール
名前:板倉水道
職業:水道修理専門店
ウェブサイトURL:itakura-suidou.jp

2017年05月26日

水道業界もスマホが必須

「この洗面化粧台の配管図送ってくれる?」

「水栓の写真送ったから代替品選定お願い。」

これが今、現場で起きている。

一昔前のように、配管図は会社に送られたFAXを事務員さんに見てもらい、電話で教えてもらう。代替品の選定はメモをとり寸法を測り、会社に持ち帰って、FAX送信。
肝心なことは変わらない。ただ手間が一つも二つも減った。
そして確実。
まさか泥んこの手でスマホを触り、仕事をする時が来るとは思いもしなかった。
世の中すべてスマホに支配されている。
もう抜けだすことは出来そうもない。

これは考えすぎだろうけど、スマホを便利に使って快適に行きましょう。
posted by イタスイ at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年03月04日

大切な趣味

ページをめくる手が止まらない。紙に浮かぶ活字を追う目も瞬きする暇もなく、人参をぶら下げられた馬のように、顔よりも一歩前に飛び出して、先へ先へと活字を追う。きりが良いところで一息ついてみる。興奮で不規則なリズムを打つ心臓が、穏やかな動きに戻っていく感覚に心地よい充実感、そして目の疲れ。しばらく頭の中は、現実と不現実の間をさまよい、物語の主人公と現実の自分とを行き来する。そして活字を追う欲求に突き動かされ、また追う。

面白い小説を読み、物語の中にどっぷり浸かっている感じです。

比べるものではないが、読書と映像はどちらが面白いか。

読書好きの僕もどちらとも言えない。
ただ小説を読んだ後に見る実写版の映像は、なぜか物足りない。
何度か見たことはあるが、いつも若干不満に感じる。まず大体の場合、話が脚色されずれている。この間見たものでは、肝心の人質の数が小説より一人多い。これでは話に入り込めない。そして途中で見るのを断念する。先に映像ならとても面白いとは思う。が、逆では物足りない。僕の主観です。

大人になってから好きになった読書ですが、これからも大切な趣味の一つとして楽しみたいと思っています。


posted by イタスイ at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年02月25日

24時間営業

24時間営業が珍しく思わなくなったのはいつ頃からか?

コンビニにファミレス、スーパーにマック、緊急の修理屋さん。

最近これに異を唱えて24時間営業を止めるお店が増えています。

なぜかは、採算が合わなくなっているかららしい。
深夜営業しても一昔みたいにお客さんの入りが多くなく、対応する店員さんの費用とで採算が合わずに、止めていくんだそうだ。
僕が利用することがあるとすれば、コンビニくらいか。
なので特にどうとも思わない。
24時間営業は利用するんであれば、確かに便利で助かる。ただそのサービスをする裏には深夜に働いている人がいるわけで、大体、深夜は働く人も少なく大変だ。

しかし、これに反してこれから24時間営業をしていく薬局がある。処方箋の取り扱いがあり、仕事で深夜しか来れなかったり、体調を崩したりする人に対するサービスである。テレビ放映での営業記録では利用者は撮影したその日は2組くらい。対して薬剤師は一人が常駐。これも採算が合わなさそう。全部が全部採算で片付けてはいけないが、経営する側は悩むところ。ただ病院も開いていない、救急車はちょっと、という人にはとても助かると思う。

という風にサービスも色々と変化していくみたい。24時間営業
がなくなっていくなんて思いもしなかったから、少しびっくりだ。
世の中は常に少しづつ気づかないくらいに動いているから、弊社のサービスも良い方に変化させなければ、化石になり埋もれてしまう。

常に考える。これが大事。
posted by イタスイ at 00:00| Comment(0) | 日記